フロアコーティングで高齢者に優しい住環境へ

###Site Name###

フロアコーティングとは、簡単に言うと手入れが簡単、床が滑りにくくなる、つやが長持ちするといった要望が叶えられる床材のことです。


ウレタン、アクリルなどの水性系と、シリコンなどの油性系の2種類に分けられ、それぞれの特徴は、前者が耐久年数が5年ほど、後者が10年から30年と長いこと等が挙げられます。

仕様目的に合わせて特性とマッチした床材を選ぶことが大切です。
今回は、近年注目を浴びている介護リフォームに焦点を当て、そこでフロアコーティングのどのような性能にメリットがあるのか見ていこうと思います。

教えてgooに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

耐熱性に優れているため、床暖房にも対応できます。


傷がつきにくく手入れは水拭きだけでよいため、汚れても簡単にふき取れるので清潔な状態を保つことができます。

また、長期間ワックスがけは不要なのが労力的にも金銭面でもうれしい点です。


また、適度なクッション性があり滑りにくいというのは安心です。
こうした高齢者が安心して暮らせる住環境というのは、誰もが安心して暮らせるということに直結します。
近年はホルムアルデヒド等に配慮している製品も多く出ていますし、抗菌・殺菌・消臭・脱臭加工を施したものもあります。

フロアコーティングサイト利用者からとても評判です。

こうしたフロアコーティングの様々な特性は、小さなお子さんがいる家庭、保育園や幼稚園などの施設、またペットがいる家庭でも十分安心して利用ができます。

床をフロアコーティングに変えるだけで、日常生活も、労力も楽になる介護リフォームの第一歩になるのではないでしょうか。